HOME > PAC住宅入居者の声 >2003年の夏を過ごして データを見る


2003年の夏を過ごして データを見る  本質を暮らす贅沢な家より

2003年の夏を過ごして

〈データを見る〉

2003年6月末に引越した訳だが、しばらくは家の中の片づけに終始して温熱環境に思いをはせるゆとりは少なかった。幸い、尾山台の家は外気を含めて14ヶ所で温度と湿度を記録している。それを見ながら記憶を掘り起こしてみよう。

初めての夏、どんな住まい方をしようか考えた。
PACを夏型に衣替えするのは当然として、ひと夏共通して行ったことは開口部の日射遮蔽、電動式のブラインドシャッターをフル活用。風は通し、日差しはカットした。細幅のジャロジー窓は開放しておけるので、これをいかに活用するか。
エアコンは2階リビング上のロフトと1階寝室収納スペースの奥に設置。
8月中旬まではエアコンを使用せず風通しのみで過ごし、その後は必要に応じてエアコンのドライ機能を使うこととした。

百葉箱にセットした温湿度計を見ると2003年夏の暑さのピークは、8月4日前後と8月型日前後そして9月10日から15日にある。
あとはさほど気温は高くなく、8月14日から20日は20℃前後と寒いくらいの日が続き湿度も終日99%が記録されている。

8月初めのピーク時は通風のみで過ごした。
寝室にベットが二つ、頭の上に細幅のジャロジー窓がある。
寝室は空間的に隣接する収納スペースそして書斎コーナーを介して洗面トイレ、浴室とひとつながりになっている。
それぞれに同じジャロジー窓がある。就寝時はそれらを開放した。

PACはパッシブソーラーハウス、夏の性能の基本は、夜間の外冷気を蓄熱して昼間に持っていくこと。
温度特性的に見ると、室温は外気の最低気温よりは高く、最高気温よりは低くなり1日の温度格差が少なくなる。

そうした眼でデータを見ると、まさしくピタリと当てはまっている。

続きは

http://www.passive.co.jp/oyamadai/sumu/200402_05.html

自然素材と漆喰のパッシブソーラー PAC住宅
尾山台の家
http://www.passive.co.jp/oyamadai/index.html?utm_source=anothersite&utm_medium=pppaclink&utm_campaign=tanaka