HOME > 家づくりに思う > 夫婦別室にしてたら、 僕ら離婚しないですんでいたかもしれない


「夫婦別室にしてたら、 僕ら離婚しないですんでいたかもしれない」  すでに離婚して10年以上は経つ男性の一言。  この一言も、家づくりの設計段階で、 夫婦別室を提案していこうとのキッカケになった。  それから15年。 夫婦別室という言葉には違和感はなくなった。 また、 その理解度もかなり深まってきたようではある。
すでに寝室を別々にしている夫婦、
そして潜在的に夫婦別室を希望している夫婦。
その理由の多くは、ゆっくり眠りたい、
眠りにつくまでの貴重な時間を
それぞれ好きなことをして、
思うままに過ごしたいということのようである。
いびきや生活時間帯のずれで眠れないという状態が 深刻な場合は、話し合って 夫婦が寝室を別室にすることは自然の形だと思う。
外が静けさを取り戻す時間帯に、
ようやくあわただしい一日の家事から解放される。
そのほっとしたひと時をのんびりしたい
と思うのは誰にでもある。
夫婦別室という選択




下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧