HOME > 家づくりに思う > 夫婦別室もあるのでは


夫婦別室もあるのでは。夫婦の寝る場所を離したり別にすることでお互いの理解が深まったり、より仲が良くなることも珍しくはない。

 
小さいころから身についている習慣、 横になってから本を読む、音楽を聴く、 暗くしないと眠れない、暗いと眠れない・・・。
お互いに相手に合わせたくないと自分の習慣に固執したら、 二人の生活ははじまっていない。
もちろん食生活だってずいぶん違っていたはず。

年を追うごとに会話の少なくなる夫婦。
長年生活していれば、 お互いいちいち言葉にしなくても、 といった思い込みが 意外と落とし穴になっているのかもしれない。
ありがとうとか、すまなかったと、 いった気持ちを素直に言葉にするのを 忘れてしまっているのではないだろうか。

夫婦に限らず、 人間関係の基本はともに成長することにある。
仕事を通じ、あるいは家庭を守りながら、 お互い日々成長している。
その成長を見守る、あるいは刺激し合って 生きていくためには、 お互いに相手を見つめていなければならないと思う。

 夫婦別室という選択も