HOME > 家づくりに思う > 夫婦別室もあるのでは


夫婦別室もあるのでは。夫婦の寝る場所を離したり別にすることでお互いの理解が深まったり、より仲が良くなることも珍しくはない。

 
小さいころから身についている習慣、 横になってから本を読む、音楽を聴く、 暗くしないと眠れない、暗いと眠れない・・・。
お互いに相手に合わせたくないと自分の習慣に固執したら、 二人の生活ははじまっていない。
もちろん食生活だってずいぶん違っていたはず。

年を追うごとに会話の少なくなる夫婦。
長年生活していれば、 お互いいちいち言葉にしなくても、 といった思い込みが 意外と落とし穴になっているのかもしれない。
ありがとうとか、すまなかったと、 いった気持ちを素直に言葉にするのを 忘れてしまっているのではないだろうか。

夫婦に限らず、 人間関係の基本はともに成長することにある。
仕事を通じ、あるいは家庭を守りながら、 お互い日々成長している。
その成長を見守る、あるいは刺激し合って 生きていくためには、 お互いに相手を見つめていなければならないと思う。

 夫婦別室という選択も




下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧