HOME >健康リフォーム >  減築リフォームで広々暮らす  吹き抜けをポイントに

減築リフォームで広々暮らす

 

吹き抜けをポイントに

2階の床を 取り払い 吹き抜け にする。
⇒ 1階の 間取りを 広がり空間 にする。  ⇒ 縦にも横にも 目線の長い のびのびした 空間に 生まれ変わる。
建物自体を小さくして減築リフォームをすることもできますが、
2階の空間を思い切って小さくして、その分の床を取り払い、吹き抜けにします。
1階の空間も、必要なくなった個室をまとめ、広がり空間として吹き抜けとつなげます。

生活しやすい大きな空間に生まれ変わります。
その空間を
冬は暖かく、夏も涼しく快適にするために
資料請求はこちらへ ⇓
外張り断熱

エアサイクル
(床下空間・内壁空洞・小屋空間を空気が流れるようにする)

集熱通気層を設けることもできます。
仕上げは、本物の自然素材でいきましょう。
例えば
無垢の木の床・壁・天井 ・本物の漆喰の壁・天井・自然糊によるエコクロス
自然素材によるパッシブソーラー
そして、広がり空間でのびのびと暮らせる 健康な減築リフォームです。
減築のスケルトンリフォーム

減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム 減築のスケルトンリフォーム

リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提



PAC住宅プチ動画シリーズ