HOME > 安全で健康被害のないホウ酸塩によるシロアリ防除 > ホウ酸によるシロアリ対策処理 一般住宅の場合


ホウ酸によるシロアリ対策処理 一般住宅の場合
「ホウ酸」によるシロアリ対策処理

一般住宅の場合 

ホウ酸は、アメリカカンザイシロアリばかりではなくヤマトシロアリやイエシロアリなどの日本のシロアリにも、木材を食い荒らすキクイムシにも効果を発揮する。その他、ゴキブリや蜘蛛などの昆虫類にも効く。 

そして最大の特徴は、ホウ酸は分解しないので、一度きちっと処理されれば、その効果は永続されるということである。 

現在主流の薬剤散布による効果は3年から5年であるので、その都度、やり直していかなければ効果は持続しない。

やりなおせば、人体にもまた健康被害を及ぼすことになるし、建築後であれば、床下や天井裏などに見えている木材にしか散布できない。

健康被害をあきらめても、部分的にしか再処理はできないことになる。これでは最悪の場合、家族の健康に問題が生じた上、処理できなかった木材がシロアリにやられてしまうという、踏んだり蹴ったりの状況もありうる。 

ホウ酸は、人にも犬や猫などのペットにも安全であり、処理後の臭いもしない、画期的なシロアリ防除剤である。アメリカでは当り前の方法だが、日本では今も農薬による薬剤処理がほとんどである。 

アメリカカンザイ対策

ホウ酸によるシロアリ防除の方法は、木材にホウ酸の水溶液を塗る、吹きつけるなどが一般的方法である。 

普通の住宅であれば建築後は、土台や柱など構造に関連する木材はすべて隠れてしまうので、建築後では、ホウ酸の水溶液を木材に塗ったり吹き付けたりすることはできない。 

そうなれば当然、事前処理が必要である。

事前処理には二通りあり、工事中に建築現場でする方法とプレカット段階で工場内にて処理する方法がある。

使用される木材すべてに処理をする場合は、現場処理の方が適しているようである。土台や柱、梁などの主な構造材にという事であれば工場内でという事かもしれない。 

いずれにしても始まったばかりなので、これから様々な優れた方法が発達してくるであろう。その一つに、土台などをホウ酸水溶液に漬けたり、圧力窯などでホウ酸を木材に浸透させたりする方法が試みられている。 

また、ホウ酸処理に当たって注意しなければいけないことは、ホウ酸は水に流れるということである。

そのため、ホウ処理した木材を建築中に雨に濡らしてはいけないという事になる。雨対策をこまめにきちっとするが前提条件となる。 

健康と安全という安心のためには手間を惜しんではいけないであろう。

ホウ酸によるシロアリ対策は、家族の健康ばかりか工事に携わる方すべての健康を守る。

そして環境破壊をしない、すなわち地球の健康をも守る素晴らしい方法なのだから。 

次回はさらに画期的なPAC住宅でのホウ酸処理について。

 

アメリカカンザイ対策

シロアリのホウ酸処理の先駆者 浅葉健介さん 日本ボレイト株式会社