HOME >家をつくる > 家は買いますか?家はつくりますか?


家は買いますか?家はつくりますか?これはまったく違うものなのです。


家のかたちに家族の生活を合わせますか ?
家族の生活に家のかたちをあわせていきますか ?
動画あなたは家を買いますか?家はつくりますか? 3分11秒

単純な問いかけですが、意外と「えっ?」と思われる方も多いのでは。
家を買うにしても家をつくるにしても、しまったと思わないためにために、一度、立ち止まって、ゆっくり考えてみましょう。


あなたは、家を買おうとしていますか? 家を建てようとしていますか?
それによって、家づくりのスタートラインが違ってきます。

住まう家にあまりこだわりはない、時間やエネルギーも使いたくないという方には、何と言っても「買う家」をお奨めします

例えば、マンション、建売住宅、注文住宅であればハウスメーカーでといったところです。
楽ですし、テレビで宣伝しているような大会社であればさほど大きなミスや落とし穴は少ないかもしれません。


一戸建ての注文住宅に関してみれば、
つくる家は残念ながら大手ハウスメーカーではできないことです


使う部材や材料、設備などは工場でつくりますから決まっていますし、特別にオーダーすると高くなったり、住んだ後の保証がつけられないということも起こってきます。
また大工などの職人の腕や熟練度を要求されないプラモデル型の家ですから、それを物足りないと考える方には不向きでしょう。
間取りも自由設計とはうたっていても、構造や工場の生産条件によってかなりの制約がありますから、結構、不自由なのです。
ただし、そうしたハウスメーカーの枠組みのなかでなるべく楽にいきたいという方には向いているのでしょう。
品質も高いとはいえないでしょうが、バラツキは少なく一定の安定性も期待できるのでしょう。会社も巨大で安心感はあります。

家を買うということは、そうした利便性と安心感を買っているのです。

一方、つくる家は満足感も大きいのですが、その分、乗り越えなければいけない要素がとても多く労力やエネルギーが必要です。

本物の職人のつくった家
家はつくるもの、家族の思いを咲かせましょう。 

つくる家で考えなければいけない点はとてもバラツキが大きいという事でしょう

まずは人の問題
つくる家は、関わる人の気持ちと能力で大きく変わってしまいます。
家が金儲けの道具なのか、家をつくるという事が好きで生き甲斐なのかといった人生観によって、とても良心的な所から、まるで詐欺師の集団かと思えるところまで、極端な偏りがあり得ます。
また人は良くても、間取りもデザインも大工や左官などいろいろな職人は技術や腕が問われる仕事なので、このバラツキも多い。

さらには材料。
無垢の木や板、左官の材料、接着剤など様々な物の品質はそれこそ千差万別であるし、選び方によっては健康にも良くないものもある。
建具や家具
をつくるとなると、これも一筋縄ではいかない。

もちろん家を建てる工法の考慮も必要だ。いくら腕がよくて材料がよくても、それを生かす家の建て方の仕組みに問題があれば、高いお金が無駄にもなる。

これらすべてに納得ができたとしても、会社の安定性もある。会社がつぶれて建築中に責任が果たせなくなってしまったら元も子もない。

こうした難関を乗り越えていくのが「つくる家」とも言える。

つくる家」のまず第一歩は「顔の見える関係」にある
建て主とつくり手の顔。つくり手とは会社の人間、職人、工場で加工する人間などできるなら関わる多くの人の顔が見えている関係が理想だ。
同時に木材や漆喰など材料の顔も重要だ。自然素材と唱っていても有害なケミカルが混じっていることも多い。

要は、人も物も顔がはっきりと見えて、腕や技術も材料もしっかりと見える関係でこそ、「つくる家」は安心ができる。

そしてその家に暮らす喜び満足感は何にもまして得難いものになる。

顔の見える関係で家づくり