HOME > 家づくりに思う > いい人間関係で家づくり


いい人間関で家づくり。いい人間関係は、 お互いに思いあえる関係に発生する。 それは当り前の事でありながら、 実際はそういう関係は意外と少ない。 家づくりが成功するかしないかは、 実はこの一点にかかっている。 住まい手とつくり手という関係に。


家づくりは 建て主の生活をかたちにする仕事である。
それだけに家づくりは、 単なる技術集積の延長線上にあるわけではない。


家づくりには実に様々な要望がある。
それは建築技術にとどまることなく、 人間関係の心模様、 生活のセンス、
感性、感覚的なもの、 生きてきたすべてが問われている、 住まい手にもつくり手にも。

それでいながら楽しくもできる不思議なプロセス