HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC >  健康で快適な暖かさは、建物から

健康で快適な暖かさは、建物から

健康で快適な温かさを考えてみたい。
とても残念なことであるが、どんなに優秀な暖房器具をもってしても
建物の性能が良くなければ健康で快適な暖かさを得ることはできない。

だからこそ新築される場合は、ぜひこのことを十分考慮に入れてほしい。
新築か全体的リフォームでしか、その望みはかなわないのだから。


少し勘違いがないように最初に申し述べておく。
最近の住宅は断熱性と気密性が良くなっているが、これも残念ながら、
それだけでは健康で快適な暖かさは決して得ることはできない。
断熱とは、文字の通り、熱を断つだけの事。
言い換えれば、熱を出しにくくする、熱を入れにくくするということだけの事。
健康で快適な暖かさの必要な条件の一つであるというは間違いがないが、
いくら暖熱性や気密性を誇っても大した意味はない。
という事を念頭に置いて考えていきたい。


建物の中では、 対流、輻射、伝導という三つの熱の伝わり方で、
体温を奪われ寒さを感じてしまうわけだが、
これを上手に解決するためには、
なんといっても 建物の温熱性能を トータルに考えなくてはならない。

建物の中に、 冷たい所をつくってしまっては、 暖房をしていても、
必ず、 なんらかの寒さを感じてしまうことは 避けられない。

 

 住まいを暖かくする方法が見えてきますね。

建物の中に冷たい所をつくらないこと。具体的には建物内のすべての床面、壁面、天井面そして窓面を冷やしてはいけないということです。

これを解決しない限り、 決して暖房機器だけでは、
健康で快適な暖かさを得ることはなかなか難しい。

そして、建物をそのままにしておいては、
むしろ暖房すればするほど温度差がつき、
その結果、
アンバランスな不快感は増大する一方となるし、
エネルギー代も増えCO2 削減も期待できないだろう。

健康な快適さは、
何も温度だけの問題ではないが、
まず第一歩として、
部分的に冷たい所をつくらない、
すなわち建物内の温度の均一化が求められる。

一部屋だけでも解決できない。
建物の中の すべての床面、壁面、天井面 そして窓面が、その対象となる。


 床面・壁面・天井面を20℃程度に暖かくすると健康的で快適な空間となる。

そろそろ家づくりにおいて、
温度や湿度を念頭に置いて計画を進めてもいいのではないだろうか。




健康で快適な暖かさは
家の建築工法 + 間取り+ 建築材料 + 暖房方法 + 住まい方
によって実現する。



PAC住宅は、躯体内を流れる空気で建物の中に冷たい所をつくらないパッシブソーラーハウスです。