HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC > 気密検査、気密測定 

気密検査、気密測定。PAC住宅は建築したすべての建物の気密測定、気密検査を実施しています。


PAC住宅の全棟  気密測定実施

隙間相当面積(C値)をご存知ですか。
建物の気密性(隙間の量)を示す数値です。 建物全体の隙間面積を延べ床面積で割ったもので、 単位は㎠/㎡。 数値が小さいほど気密性が高いことになります。

PAC住宅は冬、屋根や外壁にあたる太陽熱を集め、 建物内部に循環させるしくみです。
集熱と熱分配のため気密の確保は 施工過程において非常に重要なポイントのひとつ。
工事途中の気密施工チェックの他、断熱施工チェック、 竣工時の気密測定を全棟徹底して実施しています。

※ PAC住宅は夏と冬、モード切り替えのできる家ですが、  気密測定は 冬モード(スーパー越屋根と床下換気口を閉めた状態)で実施します。


勝手口や窓などの開口部に気密測定器を設置します。
隙間なく測定器を取り付ける為、 断熱材をカットして四周を目張りします。
写真は 気密試験器の形に合わせて断熱材をくり抜いている様子。

気密測定の準備

ファンの設置
気密測定 ファンの取り付け
室内が減圧され建物の隙間から外気が流入します。
気密が高いほど内外差圧が生じ、
その数値から建物の隙間相当面積を算出します。



測定器設置完了。 ファンを作動させて室内の空気を排出。
気密測定機械の取り付け

 
測定結果は、内臓された計算器からプリントアウトされます
気密測定のプリントアウト