HOME >自然素材 シックハウス > 個性豊かな三つの階段


個性豊かな三つの階段   本質を暮らす贅沢な家より

個性ゆたかな三つの階段 

わが家には、それぞれ個性ゆたかな、かたちも材種も異なる階段が三つある。1日に何度も行ったり来たりするしんどいはずの階段の上り下り、わが家ではたのしい生活のリズムを刻んでくれている。

1,2階をつなぐメインの階段は下の数段幅が広く、片側はオープンの比較的ゆったりしたまわり階段。

ちょっとした吹抜け空間とからめ天窓からの光が1階フロアーまで注がれる設計となっている。

知人のアイアンデザイナーがごくごくシンプルな手摺りをつくってくれた。

白い漆喰の壁・天井とアイアンは不思議なほど繊細さを競い合っている。その空間に天窓からの光が漆喰壁に帯状に走るさまはまるでパティオのようだ。

 無垢の木 漆喰 アイアン の階段 無垢の木 漆喰 アイアン の階段 天窓も

この階段を中心に玄関と2階のスペースを夜は子どもたちに開放している。

東の窓から光が差し込む頃には、子どもたちが寝室の前に集まって今か今かと目覚めをうかがっている。

ドア越しの荒い弊息を耳にしながら洗面で朝の支度を済ませる。ドアを開けたとたんにまだ子どもの甲斐犬カイが17㎏の体重で思いっきり抱きついてくる。彼女の頭突きであごを痛めること何度か。すごいパンチだ。 

カイの横では柴犬のももが得意のくねくね踊りをしながら身体中でよろこびの表情をあらわしている。

一匹狼的存在の同じく柴犬のピピは悠然と2階で待っている。 

アップ!の一声でカイとももが怒涛のごとく2階へと駆け上がる。

階段生活初めての子どもたちが、ケンカしながら落っこちてケガでもしないかと当初ずいぶんと心配した。絡まり合って上り下りしていても、また数段上から下へ飛び落ちてドアに思いっきり身体をぶつけてもこちらの心配とはうらはらにケロッとしている。丈夫なものだ。 

反対にわが家の唯一の男性は二度、階段から落ちている。一度は手に抱えていた物に心を奪われて、もう一度は照明を付けようと気が散っていて、との弁である。

心配が必要なのはどうやら2本足の我々のようだ。子どもたちの牙と爪から少しでも木を守ろうと、階段は桧より少し固めのタモ材とした。しかも蹴込み部分にはモザィクタイルをあしらった。 

ところが傷などという生やさしい心配では済まなかった。何と夜中にかじって一部木を食ってしまった。

予想をはるかに超える悪さである。それでも無垢の木はかじられた部分にサンドペーパーをあて、オイルフィニッシュを塗っておけば何とかなる。味わいを深めたともいえる。

 

遊び疲れた子どもたちが心地良さそうに階段の途中で寝ている。起きている時は手に負えない悪ども、怒鳴りながら子どもたちを追いかけまわしている鬼のような顔はどこへやら、幸せな気持ちが穏やかな顔にしてくれる。

 

1階から地下へ行くまわり階段は、階段があることのわからないようなつくり方になっている。別に隠す必要もなかったし、パニックルームなどをつくる予定でもなかつたのだけれど、理由もなく、それでも隠したいという遊び心の気分は一緒だった。

完全に壁に見えるようにつくりたかったけれど、結果として収納スペースかと、一扉を開けると実は階段ということになった。

地下室への階段 ヒノキの集成階段 地下への階段 漆喰の壁 天井    

地下への階段 ヒノキの集成材 地下室 
地下への階段 漆喰の壁 ヒノキの集成材

ここは、常時子どもたちが使うこともなかろうと、階段材を桧の集積材にした。集積材といっても間伐材利用のエコ商品である。

足触りが違う。とてもやわらかくやさしい。わが家で最も地味な存在、そして人の温もりを感じさせてくれる階段だ。

 

最後にリビングとロフトをつなぐ家具階段、いわば箱階段である。ここもアイアンの手摺り金具がアクセントとなっている。

ここの階段については設置式とするか可動型にするかに始まって選択肢が多かった。はては東側なので窓をつくろうかなどと、いろいろな思いが巡った。

箱階段との提案に気持ちが傾いたのは空間がたのしくなりそうだなと思ったこと。それとほとんどワンルームに近い2階のフロアー、何もかも見渡せる空間の中で収納スペースが広がることも大きな魅力の一つだった。

 ロフトへの家具階段 箱階段

基本的にあまり物を出して生活するのは好きでない。

そこへもってきて手の届く物は何でもくわえて持っていく子どもが片づけ魔に拍車をかける。ダイニングまわりの細々した物たちが納まりほっとしている。普段それほど使わない箱階段、好きな陶器やガラスのベースがいくつか置かれている。

 

実はロフトは子どもたち禁制の場としてある。何故ならここはわが家の唯一の畳の間。3畳分の琉球畳が敷かれている。

膜想ルームと名づけ、実は昼寝の場といったところかも知れない。

 畳敷きのロフト空間

これまで子どもたちの誰も箱階段を上る挑戦をしなかったので安心していたが、つい先日見てしまった。ももが3段4段と上って、下りる時は下まで一気。さすがジャンプの女王の威名を持つ親から生まれた子だ。見ていてはらはらした。

 

もともと階段としての機能性よりは家具としての機能なりデザインを優先させている訳で、踏面も狭く蹴上げも高さがある。たかたかと登るは良いが手摺りを使えない子どもはきっと上から転がり落ちるしかない。人間がいない時に解放する時はガードが必要かも知れないと密かに思っている。また過保護といわれるかも知れないが。

 

箱階段を含め2階の食器戸棚、食卓、椅子、デスク、窓枠などなどをウオールナット(クルミ)の木で統一した。箱階段の手摺りも。

少し色味のある落ち着いた材だ。引き出し、引戸付きの収納、そしてオープンな飾り棚の構成でつくられている。

和の伝統を持つ家具も、つくりかたによってはずいぶんと違うイメージを持つ。上に居室があることを隠すためにつくられたとされる箱階段、わが家では2階の中心にデーンとおさまり大きな顔をしている。

 

階段は家の中で必要不可欠な、そしてかつ結構な存在感を持つものだ。それだけに居住空間へ与える影響は大きい。上下階をつなぐ、生活をつなぐ、人が物が移動する、光も風も通り抜ける。機能性、安全性そしてデザイン性と階段に求められる要素は複合的だ。そしてさまざまな工夫がいかされる場でもある。わが家の3ヶ所の階段、エピソードを生みながらたのしい歴史がつくられていくことだろう。

 

若林礼子(2008.9故人となりました。)
本質を暮らす贅沢な家より

奥にロフトへの箱階段 家具階段