HOME > 家づくりに思う > 間取りは生活を落としこまなければならない


間取りは生活を落としこまなければならない。  同じ空間に生活する人間との関係をどう受け止め、 誰と、どういう時間を、どういう空間の中で、 共有するのかから捉えていけば、 自分らしい生き方の家ができると思う。

一人だけでは何もできない。 すべてが関係のなかにある。
家づくりも同じこと。
家族関係をもっと単純に、どうして一緒に暮らすのか といったところから考えてみたい。


人と人の良い関係は、
相手の良さが引き出せたり、 気づいていないことを気づかせてくれたりする
ことにあると思う。


人間をもっとも成長させてくれるのは、 やはり人間で、
その反対にだめにさせてしまうパワーも人間だったりする。
だからこそ
人との関係から学んでいくことは膨大であり、
また、自分自身が人にもらす影響もまた大きいはずだ。

間取りは生活を落とし込む  人間をもっとも成長させてくれるのは、 やはり人間で