HOME > ひろがり空間 間取り > >明暗美 照明そして天窓と高窓

明暗美、照明そして天窓と高窓

明暗美、照明そして天窓と高窓

 日本人は、欧米人に比べると照明の使い方が下手だと、よく言われます。ひたすら空間全体をただ明るくなることだけを求めて、のっぺりと明暗に乏しい空間をつくりだしていると。

一方欧米では、必要に応じて明暗を演出する照明が上手なようです。スポット、スタンド、ブラケット、間接照明、フロア照明などを巧みに使い分けていると。

確かにその通りなのですが、日本でも、電気のなかった頃の家屋では、実に見事な明暗美がありました。建物と自然がおりなす光と影の美しさ、その伝統は欧米には残り、日本では、暗い場所は不便だと切り捨てられ、一律にただ明るいだけの空間が好まれています。

明治の文明開化以来、日本人は自分たちの文化をなおざりにし、ひたすら西欧の採り入れが始まりました。その路線は、昭和の敗戦でさらに決定的になり、機械文明、物質文明一辺倒に傾倒していきました。

その結果が、現在の日本です。しかし、その西欧では一般の住宅にも明暗美が依然として存在し、日本では消えてしまいました。どうも、日本人は極端から極端に走る国民性なのでしょうか


照明計画 自然光 天窓 

パッシブな家での照明計画を考えてみましょう。

現代日本の家づくりでは、スタンドやフロア照明は、まだまだノウハウがありませんし、なじめないと思います。そこでできるところからの提案として、まず、できるだけシンプルな器具を使いましょう、照明器具のデザインに頼った計画はやめましょう、と、最初に強調したいと思います。

裸の電球や蛍光灯、これがもっともシンプルなタイプです。

基本は、これらを上手に建物に溶け込ますことです。安っぽく見えるか見えないか、美しいかダサイかは、照明器具そのもののデザインではなく、内部空間の素材や設計で決定されます。

空間設計が悪ければ、どんな照明器具を使っても、全体の印象は良くなりません。最初に空間設計ありき、です。

照明器具そのものではなく、明るさを変える調光器などに予算をかければ、はるかに空間の照明計画は良くなります。電球の取り換えや掃除などのメンテナンスを考えても、裸に勝るものはありません。カバーの取り外し、掃除、セットと面倒なことです。

建築的照明といわれる間接照明を希望される時も、メンテナンスと掃除は事前にしっかりと考えておきましょう。高い位置に水平に仕組むと、ホコリやゴミがたまりやすく、電球などの取り換えもやっかいですが、手のとどく比較的低い位置に設計すれば、その問題は解決できます。

浴室の建築化照明 間接照明

日本の住宅設計において、照明計画はもっとも遅れたジャンルの一つです。いろいろな理由が考えられますが、やはり物に頼り過ぎという現代の風潮につきます。照明は器具の問題ではなく、空間設計の一部であるとしっかりと認識することが再出発の第一歩だと思います。

同時に、昼、室内の明暗美をつくりだす窓、そのとりかたも、やはり、かなり下手なのだと感じます。窓の役割は、日照、風通し、見晴し、断熱、防犯と多様ですが、感性的にみると、建物の顔としてのデザイン、そして、室内のインテリア、光の明暗と、美しさにも大きく関係しています。

そして、それら機能のすべてが、窓単独で成り立っているのではなく、間取りや素材、外観設計などと密接に関わっています。風通し一つをとらえても、窓単独では解決できないことは言うまでもないことです。

窓は、高い位置にあるほど、明るさが得られます。下にある大きな窓より、高い位置にある小さな窓のほうが明るいと言えます。当然、風の抜けも抜群です。ということは、むやみに大きな窓を求めなくても、天窓や高窓をバランス良く設計すれば明るさや風通しも満たされるのですから、多くの窓がアンバランスについてしまうような場所では、窓を小ぶりに整理して、デザイン的に美しくすることができます。

和室の天窓

特に、北側になりがちな水まわり空間や階段室につく、大きさも、高さも、種類もバラバラで統一感のない一連の窓ほど、外観デザインを悪くしているものはありません。

外観デザイン、室内空間のデザインを良くし、さらに明暗美をかもしだす、窓は機能性ばかりでなく、感性面でも非常に重要な要素なのです。もっともっと考えられなければ、日本の住宅はかつての美しさを取り戻せないでしょう。どこに明るさを落とすか、その光と影がどのような演出をするかも、デザインなのです。

ちなみに、南側など太陽光が直接入る所に天窓などをつけることはお勧めできません。夏は熱地獄になりかねません。もっとも最近は、遮光をすることで鋸%程度日射カットするタイプも出てきました。同時に、断熱性が高くないと結露にも悩まされます。

窓は、機能と美しさを同時に実現したいものです。

光と影の美しさ、照明と窓を、どう住宅設計に生かすか、まだまだ先の長い挑戦課題です。

田中慶明 2003.12
やっと出会えた本物の家 より


自然光 漆喰に自然光の反射 光を計画する