HOME > PAC住宅入居者の声 > 入居二日目にしてPAC工法の威力に脱帽

入居二日目にしてPAC工法の脱帽   住まい手の声 やっと出会えた本物の家より

入居二日目にしてPAC工法の威力に脱帽!

(大阪府泉佐野市.Kさん、2002年建築)

家を建てるにあたって、私たちがこだわったことは、以下のようなものでした。

*出来るだけ、自然素材を使う

*間取りをオープンにして、どこにいても人の気配を感じられるようにする

*子ども部屋は、なるべく個室にならないようなつくりにする

*部屋の扉は、すべて引き戸にする

このイメージをもとに、家づくりを始めました。

いろいろなハウスメーカーの資料を検討していくなかで、PACに出会いました。外張り断熱工法や衣替えのできる家、自然素材のこだわりについて勉強するにつけ、「ここしかない!」という気持ちが固まり、決定しました。

PAC工法の威力

現在入居して一年8ヶ月ですが、引越し直後のことが今でも印象に残っています。

引越し当日は、お天気はいいものの、底冷えのする日でした。荷物を入れたり、掃除をしたりで窓は全開。スーパー越屋根と床下の換気口も開いたままの状態で日中を過ごし、夜に全部閉めました。その晩はビックリするぐらい寒く、まだヒーターもストーブも用意していなかったため、家族で身を寄せ合い「凍えそう〜」と、震えながら一夜を過ごしました(家の中で吐く息が白かった).

しかし、である。翌日、昨夜のまま換気口をすべて閉めた冬仕様にして、日中の陽だまりを取り入れると、昨夜の寒さがウソのように過ごしやすくなり、これまたビックリ!

たしかに、ヒーターを入れたような、暖かさではありませんが、「ちょっと寒いかな?でも、布団をかぶればちょうどいい」といった感じになったのです。入居2日目にしてPACの工法に脱帽でした。

今年2度目の冬を経験しましたが、エアコンのヒーターを使うこともなく、電気ストーブやホットカーペットで過ごしました。

夏については、やっぱり大阪の夏はムシ暑い!クーラー慣れしている人には、我が家は少々暑いかもしれない……。

でも、私たちは、風のある日はクーラーなしでも日中は過ごせました。さすがに、熱帯夜ともなると、タイマーをセットして、クーラーをつけずにはいられませんでしたが、風のある夜は、窓を開けて寝たりもしています。ただ、格子の付いていない窓は、防犯上開けたまま寝るのが物騒なので、ブラインド式のシャッターをつければ、もっと快適だったかもしれないと思います。

私たち家族にとって、こだわりの我が家。「建ててヨカッタ!」と大満足の家となりました。

自然素材PACのこだわりのわが家





下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家 一般社団法人流れる空気の住まい協会
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧