HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC > パッシブソーラーPAC

パッシブソーラーPAC since1977 日本で最初のパッシブソーラーハウス


動画PACのパッシブソーラーハウス
パッシブソーラーは機械設備を使わないソーラーハウスです。
工法や設計、材料の使い方など建築的手法で実現します。

PACPassive Air Cycle の頭文字をとって名付けました。
パッシブソーラー・エア・サイクル住宅の略でPAC住宅です。


パッシブソーラーの原型は欧米ですが、PACはそこからはヒントを受けていません。
あくまでも日本の気候風土の中で家を建てるためには、「流れる空気のふれさせる」必要がある
との観点から組み立てられてきたものです。
自然のエネルギー利用の前提が、湿気から建物や住まい手を守るという事が前提となっています。

その大きな特徴はまさしくパッシブハウス、建築後は何ら普通の家と変わらなくなります。
パッシブな家と称していても建築的な部分は少なく機械設備的にこれ見よがしなものが多い中で、
PAC住宅は異彩を放っています。


 モーターやファンなどの機器も使用せずに、建築手法だけで建築されている  パッシブソーラーハウスは、今でも、PAC住宅だけかもしれません。

電気や設備機器を使わないパッシブシステムので万が一にも安心!
日本の木造住宅である在来軸組工法は、
もともと「壁の中に空気が流れる」ものでした。

この壁の中や床下、小屋空間に空気が流れる仕組みを素直に利用して
「流れる空気にふれさせる」
を原則として、日本の気候風土に適した
パッシブソーラーPAC住宅を 1979年に開発しました。

動画PACのパッシブソーラーハウス
    PAC住宅
        ☟
 流れる空気にふれる家 集熱通気層を屋根面と壁面に設ける。スーパー越屋根換気によるパッシブクーリング。夏と冬、衣替えのできる家。     
動画PACのパッシブソーラーハウス

PAC住宅プチ動画シリーズ

福島県でも、たくさんのご家族がPAC住宅にお住まいです。
今回の震災というよりは原発事故のよる放射能汚染で、 自宅にも戻れなくなって
しまわれた方も数多くいらっしゃいます。

地震では建物は被害がなかったのに、悲しく悔しい思いです。

そうした中でも、新しい家を建てる動きも活発になっています。
今回の長期に亘る停電やエネルギー不足の深刻な体験から、
電気やガスの供給が止まっても、家の中は暑くない、寒くない、湿気ない、
そんな家としてPAC住宅を求められる方がかなりいらっしゃいます。
まさしく、今回の震災で、 家族や親戚知人の方が住まわれているPAC住宅の
電気や設備機器を使わない強みを感じていただけたのです。
住宅は万が一にも備えなければいけないことを改めて認識させられました。


PACパッシブソーラーソーラーについて     動画PACのパッシブソーラーハウス