HOME >健康リフォーム > リフォームで明るい家にするには

リフォームで明るい家にするには

今の家が暗いのでリフォームで明るくしたい
立地条件に大きく左右はされますが、 自然光をできるだけ建物に取り入れることは重要なことです。

具体的にできるリフォーム

(必要に応じて、下記方法を組み合わせていく)

1.個室だらけの間取りをできるだけ、広がり空間にして光を奥までとどける。

2.天窓を設け、天空からの光を取り入れる。

3.吹き抜けを設けて二階からの光を取り入れる。

4.窓を新設したり、大きくしたりする。

5.ロフトを設けて、ハイサイド窓や天窓をつける。

6.階段周りに、窓を新しく設けたり、天窓を付けたりする。

7.二階の天井を高くしてハイサイド窓や天窓をつける。

8.内装仕上げを、本物の漆喰にして光を拡散させる。

9.内装の仕上げを全体に明るくする。

10.光ダクトを設ける。

11. LED照明で建築化(間接)照明にする  ⇒ 省エネで、昼間も使いやすくする。
また、間接照明で部屋全体をバランスよく光を配置し、 部屋全体を均一に明るくしなくても暮らせるようにする。
リフォームで明るい家にする リフォームで明るい家にする

リフォームで明るい家にする リフォームで明るい家にする


エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。



リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提




PAC住宅プチ動画シリーズ