HOME >健康リフォーム > リフォームで、冬を暖かくするのには ?

リフォームで、冬を暖かくするのには ?

リフォームで冬を暖かくするポイント


一部屋だけを暖かくするより、建物の中から冷たい所をなくすこと。
そうすることで、 温度差によるヒートショック、ジメジメ感、結露などを防ぎ、 また、20℃前後で程よく暮らすことができます。


具体的にできるリフォーム

(必要に応じて、下記方法を組み合わせていく)

1.窓面の断熱改修

2.外壁面・屋根面・基礎面の断熱改修

3.躯体内空間(床下空間・内壁空洞・一二階のふところ空間・小屋空間)を空気が流れるように連通する ⇒ エアサイクルの効果をもたらす。

4.屋根面に集熱通気層を設ける ⇒ 屋根面から太陽熱をとりこむ。

5.外壁面に集熱通気層を設ける ⇒ 壁面から太陽熱をとりこむ。

6.集熱パネルを、屋根面・外壁面などに設置する ⇒ 屋根や外壁を改修しない場合。

7.床暖房を設置する。

8.かくれん房で、家全体の低温輻射暖房をする。


9. 個室だらけの間取りを広がり空間にする。

 リフォームで、 2階を広々としたキッチンとリビングにした自然素材の家  リフォームで、 2階を広々としたキッチンとリビングにした自然素材の家
リフォームで、 2階を広々としたキッチンとリビングにした自然素材の家
リフォームで、 2階を広々としたキッチンとリビングにした自然素材の家

エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。



リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提



PAC住宅プチ動画シリーズ