HOME >健康リフォーム > リフォームで生活にあった間取りにする

リフォームで生活にあった間取りにする


家族数や生活の変化で使いにくくなってしまった
間取りをリフォームで使いやすくしたい


建物の構造によってできることとできないことがありますが、 基本は、現状の生活を見つめ、その暮らしに適した間取りに 近づけていくことです。 また、合わせて耐震補強もしていきます。

 
1. 現状の間取りの問題点をしっかりと把握する。
2. どのように改善したらいいのか、トータルに検討する。


具体的な例として
1.リビングとキッチンを二階に移動。
2.浴室を二階に設ける。
3.二階全体を、一つながりの空間にする。
4.複数の個室の壁を取り払いひとつの空間にする。
5.吹き抜けを設ける。
6.ロフトを設ける。
7.浴室の壁・天井を無垢の木にする。
8.玄関を広々させる。
9.空いている部屋を使い勝手のいい書庫や収納スペース、ホビールームにする。
10.ドアを引き戸に変える。
11.ミュージックルームを設ける。

 リフォームで生活にあった間取りにする

リフォームで生活にあった間取りにする

リフォームで生活にあった間取りにする


エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。




リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提