HOME >健康リフォーム > リフォームで間取りを使いやすくする

リフォームで間取りを使いやすくする


リフォームの基本は、 現状の生活と間取りの問題点をしっかりと把握して、 どのようにリフォームで間取りを使いやすく改善したら いいのかをトータルに検討する必要があります。

今の間取り、使いにくくなっていませんか?
例えば、 個室が不要になった、 部屋は多いのに個室だらけで狭苦しい生活を 余儀なくされている、 部屋と部屋をつなげたい、 中廊下をなくして広くしたい、 家が大きすぎるので小さくしたいなど。

また合わせて耐震補強も必要ではないですか。

リフォームで広がり空間にしてみませんか。

複数の個室の壁を取り払い一つの空間にする。

一階と二階を一つながりの空間にする。

吹き抜けやロフトを設ける。

玄関を広々させる。 ドアを引き戸に変える。

など。
 
 リフォームでキッチンを2階にリフォームでキッチンを2階に



リフォームでリビングを2階にした例リフォームでリビングを2階にした例




エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。




リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提



PAC住宅プチ動画シリーズ

リフォームで間取りを使いやすくする