HOME >健康リフォーム > リフォームで間取りを使いやすくする

リフォームで間取りを使いやすくする


リフォームの基本は、 現状の生活と間取りの問題点をしっかりと把握して、 どのようにリフォームで間取りを使いやすく改善したら いいのかをトータルに検討する必要があります。

今の間取り、使いにくくなっていませんか?
例えば、 個室が不要になった、 部屋は多いのに個室だらけで狭苦しい生活を 余儀なくされている、 部屋と部屋をつなげたい、 中廊下をなくして広くしたい、 家が大きすぎるので小さくしたいなど。

また合わせて耐震補強も必要ではないですか。

リフォームで広がり空間にしてみませんか。

複数の個室の壁を取り払い一つの空間にする。

一階と二階を一つながりの空間にする。

吹き抜けやロフトを設ける。

玄関を広々させる。 ドアを引き戸に変える。

など。

 
 リフォームでキッチンを2階に
 リフォームでキッチンを2階に
 リフォームでリビングを2階にした例
 リフォームでリビングを2階にした例

  下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧

リフォームで間取りを使いやすくする