HOME >健康リフォーム > リフォームで夏を涼しくするには?

リフォームで夏を涼しくするには?

リフォームで夏を涼しくするポイント


クーラーだけに頼っても
なかなか思うようにはいきません。
やはり建物全体で考えていく必要があります。


具体的にできるリフォーム (必要に応じて、下記方法を組み合わせていく)

1.窓面の断熱改修

2.日射遮蔽を徹底する ⇒ 窓の外側ですることが大原則。
すだれ、よしず、外付けブラインド、オーニングなど

3.外壁面・屋根面・基礎面の断熱改修

4.躯体内空間(床下空間・内壁空洞・一二階のふところ空間・小屋空間)を 空気が流れるように連通する ⇒ 躯体内空間に外気の流れをつくりだす。

5.常時、開いておける換気窓を設置する  ⇒ 窓幅を狭くすれば人の侵入を防げる.  また、不透明ガラスのジャロジー窓などにすれば、  雨の浸入や視線も妨げることが可能。

6.PAC住宅専用の床下換気口、スーパー越屋根換気口を設置する。 ⇒ 建物内の熱気を放出、夜の冷気を建物内に蓄熱できる。

7.除湿を目的にエアコンを設置する ⇒ エアコンは除湿効果が高い。

8.自然の風を演出できる1/fの揺らぎのある  シーリングファンをリビングや寝室などに設置する。

9.風通しのいい間取りにする。

 マンションを自然素材でスケルトンリフォーム、 その際に、ベランダも自然の趣にリフォーム  マンションを自然素材でスケルトンリフォーム、 その際に、ベランダも自然の趣にリフォーム
マンションを自然素材でスケルトンリフォーム、 その際に、ベランダも自然の趣にリフォーム
マンションを自然素材でスケルトンリフォーム、 その際に、ベランダも自然の趣にリフォーム
  下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧