HOME >健康リフォーム >リフォームも「健=人+建」 住む人の健康と建物の健康

リフォーム も 「健=人+建」
住む人の健康と建物の健康

住宅のリフォームにもきちっとした哲学が求められる時代になってきている。
とりあえずのやっつけ仕事ではもはや通用はしない。

PACは1977年から、住宅の健康をテーマに、建物と住まい手の健康を守る、機械設備に頼らないパッシブな家づくりを追求してきている。
その家づくりの根幹は「流れる空気にふれさせる」に集約されてくるが、その新築と同じ哲学を掲げて、住宅のリフォームを提案している。戸建て住宅にとどまらず、マンションのスケルトンリフォームにも「流れる空気にふれさせる」技術を提供している。




これは30年以上前に提唱した健康住宅の定義である。
健康住宅は、 そこに住む人の健康と、同時に、建物そのものの健康も 守り増進するものである。
そうした家づくりをしたいと1983年に「健康住宅宣言」


「健康住宅宣言」で提案した「健=人+建」 住む人と建物そのものの健康を実現したい。
人の健康とは、こころと身体であり、 建物の健康は、耐久性と耐用性である。
耐久性とは腐りにくい、 耐用性は時間の経過にも耐えられる間取りある。 これは、本格的リフォームにもあてはまる。

家づくり、新築もリフォームも基本は同じ。 住まいは最も身近な環境、 その環境は健康で安心できるものでなくてはならない。 健康で安心な居住環境は 決して機械設備やお化粧重視の家では実現できない。

健=人+建 


リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提

リフォーム実例

PAC住宅プチ動画シリーズ

 
   下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧