HOME >健康リフォーム >リフォームも「健=人+建」 住む人の健康と建物の健康

リフォーム も 「健=人+建」
住む人の健康と建物の健康

住宅のリフォームにもきちっとした哲学が求められる時代になってきている。
とりあえずのやっつけ仕事ではもはや通用はしない。

PACは1977年から、住宅の健康をテーマに、建物と住まい手の健康を守る、機械設備に頼らないパッシブな家づくりを追求してきている。
その家づくりの根幹は「流れる空気にふれさせる」に集約されてくるが、その新築と同じ哲学を掲げて、住宅のリフォームを提案している。戸建て住宅にとどまらず、マンションのスケルトンリフォームにも「流れる空気にふれさせる」技術を提供している。




これは30年以上前に提唱した健康住宅の定義である。
健康住宅は、 そこに住む人の健康と、同時に、建物そのものの健康も 守り増進するものである。
そうした家づくりをしたいと1983年に「健康住宅宣言」


「健康住宅宣言」で提案した「健=人+建」 住む人と建物そのものの健康を実現したい。
人の健康とは、こころと身体であり、 建物の健康は、耐久性と耐用性である。
耐久性とは腐りにくい、 耐用性は時間の経過にも耐えられる間取りある。 これは、本格的リフォームにもあてはまる。

家づくり、新築もリフォームも基本は同じ。 住まいは最も身近な環境、 その環境は健康で安心できるものでなくてはならない。 健康で安心な居住環境は 決して機械設備やお化粧重視の家では実現できない。

健=人+建 
エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。




リフォームで建物は長生き人は健康に

リフォームでも湿気に適切な対処ができなければ建物は腐り、住む人の健康は害される

リフォームの究極  
流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する、それにより化学物質からの汚染もなくなる


これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

健康住宅へリフォームで変身


動画 住宅リフォームは単なるお化粧直しではない
動画 住宅うわべだけのお化粧直しリフォームは危険が多い
動画 健康な住宅リフォームの大前提

リフォーム実例

PAC住宅プチ動画シリーズ