HOME >エアサイクルパッシブソーラーPAC > 採暖そこだけポカポカ
 採暖 そこだけポカポカ

採暖、肌身で感じる暖かさ。
それが日本人の暖かさの遺伝子。



私たち日本人はどうも、 近づけると、肌で身体で、カッーと感じるくらいの 熱さのある暖かさを求めているDNAがあるのかもしれない

日本の伝統的家屋は、風通しよく夏は涼しかった。
それは裏返して言えば、隙間風だらけで冬は相当に寒く、 部屋の中は、ほとんど外の温度と一緒と言っても過言ではなかった。

当然、家全体を暖かくするどころか、一部屋を暖めることすらできずに、 暖を採るとは、手元や足元、その場所だけを暖めるということであった。

それは、火鉢や掘り炬燵、囲炉裏などで暖まること、それを、
「採暖」という。
我々はそうした伝統の血が流れているためか、暖房というと、どうしても、 手をかざすと熱いくらいの温感を感じる、身体がぽかぽかしないと、 暖まらない、暖かくないという感覚が刷り込まれているようだ。

そのためか昔よりは、 個人の建物もずっと温熱環境の性能は向上しているにも関わらず、 暖房に対する感覚は昔のままの方が多いようである。

エアコンやストーブの温度さえあげれば、暖まると思っている方も多く、 その結果、相変わらず劣悪な温熱環境に甘んじている



健康的な暖かさは 暖房機器だけではなく 建物そのものの性能が 求められる。


理想的な温熱環境の建物は、温度コントロールを面的にできる建物である。
室内空気の温度を調整しても快適な空間になるわけではない。
床や壁、天井そして窓の温度が極めて重要な要素になる。建物内すべての床面・壁面・天井面の温度が20℃前後で、窓も断熱気密されていれば、極めて健康的な快適空間になる。
家中、低温輻射暖房という室内にエアコンのような風を起こさない、そして柔らかく自然な暖かさを提供してくれる。
PAC住宅は、流れる空気のパッシブなシステムに「かくれん房」というシステムを加えることで、その健康で自然な暖かさの住環境を提供している。




  下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧