HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC > 夏涼しい家は、木陰の涼しさを家づくりに

  夏涼しい家    木陰の涼しさを家づくりに  「湿度を低く」がポイントです。

室温が31℃でも、湿度が52% なら暑く感じない。室温が30℃を超えていても  湿度が55%以下ならば、  そんなに暑さを感じることはありません。

夏涼しい家
涼しく感じる要素は
湿度です。

動画D PACパッシブソーラーの夏 木陰の涼しさを家づくりに3分59秒
 室内の湿度を上げないための二つのポイント
1. 床、壁、天井に自然素材を使う。 2. エアコンの除湿機能を上手に使う。
1. 床、壁、天井に自然素材を使う。 2. エアコンの除湿機能を上手に使う。
 
調湿性能の高い材料を建築資材として選ぶ重要性は、
夏場の高い湿度に対する効果と、冬場の乾燥に対する 効果にもあります。

また夏場のエアコンはクーラーとして使用する というよりは除湿機としての役割が、
はるかに大きな意味を持ちます。

室温が32℃だとしても、湿度が50%程度であれば、 意外に、暑さは感じないものです。

PAC住宅は、
自然素材とエアコンのドライ機能を 上手に 組み合わせて、夏場の暑さを乗り切る 工夫をすすめています。


室内の湿度を低くして、1/fのゆらぎの風で自然の涼しさを演出しましょう !
夏涼しい家    木陰の涼しさを家づくりに  「湿度を低く」がポイントです。
無垢の木と本物の漆喰で湿度を調整する家 無垢の木とオーガニック畳で湿度を調整する家
無垢の木と本物の漆喰で湿度を調整する家 無垢の木とオーガニック畳と本物の漆喰で湿度を調整する家


  下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧