HOME >エアサイクル パッシブソーラー PAC >  建物を腐らせないことがすべての大前提

建物を腐らせないことがすべての大前提   やっと出会えた本物の家より

建物を腐らせないことがすべての大前提

現在ほど、住宅の建て方が多様化した時代はありません。多様化してくる、個性化してくることそのものは、画一化よりははるかに素晴らしいことです。

しかし、現時点は多様化の歴史が浅く混乱を極めている状況です。五里霧中からやがて素晴らしい風景が出現するのでしょうが、今は、暗闇で手探り、漁夫の利ねらいのエゴ人がうようよという、ちょっと怖い状況です。

どのような住宅を選択するにしても、最大の判断基準を、「建物を腐らせない」というポイントでとことん追求していけば、まず、間違った選択にはならないと思います。

しかし、これが結構難しいことなのです。
勘違いしやすい事例をいくつか挙げて、判断の参考にしていただければと思います。
自然住宅、機械換気、通気層、風通しなどを、単純に売り物にしている場合は、意外な落とし穴が待ち受けています。

自然住宅とは、何を意味するのか、極めて不明瞭な言葉ですが、大方は、木材や塗り壁などの天然の材料をたくさん使用した住宅とのことのようです。

自然素材は湿気を調整してくれる、その材料をふんだんに使用すれば、建物は腐らないとの論のようです。しかし、この単純化は極めて危険な勘違いです。昔の建物は、長持ちしたじゃないか、と早とちりしないようにお願いします。

風通しのいい昔の日本の建物

自然の材料で、昔の間取りで、昔の建て方で、昔の生活の仕方で、とすべての条件が整えば、の話です。現代の工法に、現代の間取り、現代の生活に、深い考えもなく、自然素材を使用すれば、思惑とは逆に、カビ・ダニ・腐れ、「どうして?」と、困惑のうちに後悔の涙にくれるかもしれません。

動画 PAC住宅の木材含水率 3分24秒

「24時間機械による計画換気、これで建物の腐れはありません。」
そんな宣伝も目にするようになりましたが、バカにするのもここに極めたりの感です。
24時間機械換気の目的は、一言で表現すれば、室内を息苦しくしないよう、最低レベルの換気量を確保しようとするだけのものです。
決して建物の腐れを防止できる通風量など期待できるものではありません。
まして、壁の中や床下の換気とは何の関係もないのですから、最初から建物の寿命とは無関係の事柄なのです。


風通し抜群の家 PAC住宅

では「通気層を設けました。」これはどうでしょう?
充填断熱にして通気層を設けました。これで壁の中に湿気はこもりません、土台や柱は腐りません。本当なのでしょうか。

少し構造を詳しく見てみましょう。外側から、仕上げの外壁。そして通気層、これは下部と上部で外気に連通しています。その内側に、透湿シート、そしてグラスウール、さらに内壁の下地、場合によっては、その前にポリエチレンなどの防湿フィルム、最後に内装仕上げです。

通気層は、グラスウールなどにこもる湿気を抜くためです。通気層に面する透湿シートは、水は通さず水蒸気は通過できる、ポーラスな穴が開いている素材です。この穴から、グラスウールの湿気を抜こうというわけです。

スポーツウェアにもよく見られる素材で、雨は入れない、蒸気状の汗は出すという狙いでしょう。でも、この素材は何度か洗濯したら機能しないようです。ポーラスな穴がつぶれてしまうのでしょう。同様に、この通気層は外気が通るわけです、湿気とホコリにポーラスな穴は何年持つのでしょうか。

内壁側に防湿フィルム、これは室内側から水蒸気を壁の中に入れないためなのでしょう。しかし最初から、グラスウールに湿気が忍び込んでいたら、逆に抜けないということです。しかも、外壁側の透湿シートも詰まってしまったとなれば最悪の事態です。雨が多く、空気中には大量の水蒸気が存在する現場で、グラスウールの中に湿気が忍び込まない可能性はほとんどないはずです。

通気工法は、いわば両刃の剣。自分を傷つけてしまうが関の山でしょう。ましてや、通気層のない間仕切り壁の中にある木材はどうやって守られるのでしょうか。
風通しのいい広がり空間 広がりのある間取り

最後に、これまたよく耳にする調い文句、「風通しのいい部屋にしました。」を検証してみましょう。

風通しは、日本の住宅には必要不可欠なテーマです。ぜひ、中廊下で風通しが阻害される間取りはやめましょう。しかし、室内側の風通しだけでは、建物の腐れは防止できません。昔の建物は、風通しは抜群、しかも同時に、隙間風だらけでした。この隙間風も構造材である木材を守る役割をしていました。そして、柱や梁が露出している真壁構造でしたから、室内を吹き抜ける風は、柱や梁に触れましたし、十台のある床下はそれこそツーツーでした。

現在の建物は、いくら部屋に風が通り抜けても、直接、柱や梁に風が触れることのできない大壁工法が主流です。しかも床下や小屋空間の風通しもほとんど期待できません。部屋の中の風通しが、いくら良くても、それがそのまま建物が長持ちしますと言えない所が現代の家づくり技術の未成熟段階を示しています。

田中慶明
やっと出会えた本物の家より

動画PAC住宅の木材含水率 3分24秒

PAC住宅プチ動画シリーズ




  下記は項目ごとの目次です。
目次 家をつくる 目次 健康リフォーム 空気の流れる家 パッシブエアサイクルPACの原理
PAC住宅 プチ動画シリーズ 健康住宅 健康な家づくり エアサイクル パッシブソーラー PAC 自然素材 シックハウス
広がり空間 間取り 都市型住宅 空気の家
トップページに戻る 目次 家づくりに思う 二世帯住宅を考える
入居者の声 安全で健康被害のないホウ酸によるシロアリ防除
目次 写真で見る家づくり 家づくりをする若きあなたに PAC新デザイン賃貸
 ホリスティックな健康住宅
   
 資料請求    エアサイクルハウジング会社HP  

電子書籍プレゼント  資料請求にてお申し込みください。
book やっと出会えた本物の家 book 夫婦の生活実感でつくる家 本質を暮らす贅沢な家 book プラス思考の健康住宅づくり
田中慶明by 田中慶明 Yoshiaki Tanaka tanaka@pppac.com PACの研究論文一覧